イメージ画像

最近のお客様の悩み

こんにちは、 早くて丁寧、そして安い安心!の工事が評判の札幌キッチンリフォーム.com 担当小林です。

当店は住宅まわりの工事なら何でも行っておりますが、今回はリフォームことについてお話したいと思います。

img2

当社で多いご相談事例が「立て替えOrリフォーム」で悩んでいるというお客様です。
住宅会社に行くと建て替えを勧められるし、リフォーム会社はリフォームで大丈夫ですよ、
と言われる。どうして良いか分からず、ずっと計画が止まったままで話が進まない、といっ
たご相談です。

特に築年数が30年くらいの住宅にお住まいのお客様が多いですね。
間取り変更はもちろんだが、耐震的にどうか?寒くないようにできるか?など、色々な悩み
をお抱えです。

この築年数であれば無理に建て替えなくてもリノベーションで十分いけるのですが、
リノベーションしてどう変わるのか想像できない、イメージできないので決断できない、と
いった方々がほとんどです。

もちろん、建物の状態、ご要望によってはリノベーションでは実現できない事もあります。
当社の場合、たくさんのリノベーション事例の中から、ビフォーアフターなどをご覧
頂き、お客様にどう変わるかをイメージして頂きます。

結果的にリノベーションで進まれる方も多いです。

また、リノベーションはデザインの流行や技術の進歩によって、トレンドが変わるもの。

最近では、その一つに「スタジオタイプ」が挙げられます。

ワンルームや2DK、3LDKなどはよく聞きなれた間取りですが、スタジオタイプとは、どのような間取りのことを言うのでしょうか?

スタジオタイプは、もともとはニューヨークなどでみられる、100㎡程度のワンルームの間取りをいいます。日本の場合には、30㎡~50㎡程度の間取りでもスタジオタイプと呼ばれています。

50㎡の広さの場合には、1LDKや2LDKが一般的です。

間仕切りのないスタジオタイプで暮らしたい場合には、中古マンションでリノベーションすることがオススメです。

<そもそもリノベーションとは?>
普通、マンションのメンテナンスというと、壊れたり劣化してしまった部分の修理・交換が主な内容です。要するに「リフォーム工事」のことで、壁紙の張り替えや浴室タイルの交換などが例として挙げられます。リノベーションとはそういった部分的なメンテナンスではなく、間取り変更を含めた大規模な改修のこと。改修時には専有部分をほぼ全て解体、新しい住空間として再生するのが特徴です。また改修と同時に最新の耐震補強やIT環境など、新築時にはなかった新しい機能をプラスして、資産価値をグンと上げることも可能。建物自体は壊さずに利用できるので、環境に配慮した住まいとして評価され、最近ではマンションのみならず一戸建てでもリノベーション物件が多くみられるようになっています。
リノベーションにはもちろんそれなりの費用がかかりますが、それでも人気エリアでは同じ広さの新築を買うよりは安く済む場合がほとんど。都心を中心にリノベーション物件の人気が高まっているのも頷けます。「新築にはちょっと手が届かない」という方も、リノベーションでお得に理想のマイホームを手に入れられるかもしれません。

タグ

2016年10月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

台所から生ゴミなくなってゴミ問題解決へ!ディスポーザーを検証

こんにちは、札幌キッチンリフォームドットコム担当小林です。

disporser01

シンクの排水口に入れるだけで生ごみをバラバラにして流してくれるディスポーザー。近年、その利便性が話題となりマンションを中心に導入が増えています。そこでこの話題ディスポーザーを自宅で使うのにはどう知ればいいのかを調べました。

ディスポーザーとは、家庭で出た生ごみを細かく粉砕し、そのまま下水道へ流すキッチン設備の事。
骨などの固い生ごみ以外は処理できるので、家庭からでる生ごみの約70%が減ると言います。

ディスポーザーの仕組み

disposer_kouzou

生ごみを砕く「ハンマー」と、きざむ「固定刃」、生ごみを流す「回転台」。さらにはそれらを動かすモーターが一つになった物が『ディスポーザー』という設備。
これの投入口を排水口と交換し、本体をシンクの下に取り付けます。

あとは、ディスポーザーが取り付けられた排水口に水を流しながら生ごみを入れて、スイッチを押すだけ。
スイッチは「排水溝に蓋をする」だけのタイプや「足踏み式」、「シンクの横にスイッチ」が取り付けられているタイプなど、料理中に誤作動を起こして事故にならないような配慮されています。

また、ハンマーや固定刃も、外からは見えないようになっており、万が一子供が手を入れたとしても怪我をする事はありません。

ディスポーザーのメリット

なんといっても生ごみが減らせる事です。
スペアリブなどの大きな骨、枝豆の皮などの固い繊維質など、処理できないゴミもありますが、約70%の生ごみを減らす事ができます。

生ごみが出ないので、三角コーナーもいりません。

その分シンクを広く使う事が出来ますし、あのヌルヌルした三角コーナーを掃除する必要もなくなります。

夏場でも悪臭に悩まされない。

悪臭の元は生ごみの腐敗臭、もしくはそこから発生した雑菌ですが、腐るゴミが無ければ臭いもなくなります。

虫が寄り付かない。

生ごみがあると発生するコバエ。さらには臭いに釣られてくるゴキブリ。
これら迷惑な虫の発生も抑える事が出来ます。

ディスポーザーの取り付け方法

元々はアメリカのDIY用の商品である為、個人でも取り付ける事は可能です。

ただし取り付け方に不備があると、水漏れや故障の原因になりますので、専門の業者へ依頼するのが良いでしょう。

ディスポーザーの費用

価格はディスポーザーの種類にもよりますが、2万円台から20万円台まで。
基本的に価格が高いものほど、より固い物を処理できると考えて間違いないでしょう。

ディスポーザーの問題点

実際に使用してみると非常に便利であり、条件さえそろっていればリフォームの必要が無いほど簡単に導入できる生ごみ処理機ディスポーザーなのですが、なかなか普及が進まないのには理由があります。

自治体により禁止・自粛されている

ディスポーザーにより流された排水が下水処理に負担を与えるとして、設置自体を禁止、あるいは自粛を求めている自治体があります。

ディスポーザーの導入前には、お住まいの自治体に必ず問い合わせましょう。

自粛地域でディスポーザーを利用する方法

直接下水に流す「単体ディスポーザー」は禁止していても、下水道に流れる前に「ディスポーザ排水処理システム」を導入するか、生ごみを「排水と固形物に分け乾燥させる装置」を使用する事で、ディスポーザーを利用できる場合があります。
ただし、その分費用が上乗せされます。

下水道料金が上がる

単体ディスポーザーが使用できる場合でも、自治体により下種同料金が引き上げられる場合があります。
具体的な料金に関しては、お住まいの水道局へお問い合わせください。

それ以外の問題

設置以外にも「騒音」や「水道代の増加」も問題点としてあげられます。
しかし最近では「静音」「節水」に優れたディスポーザーも増えていますので、そこまで大きな問題になることはないでしょう。

dsp-002

生ゴミ処理機『ディスポーザー』は最も普及してほしいキッチン設備

生ごみが減るだけで「臭い」「虫」「掃除」「ゴミ出しの労力」「衛生面」とあらゆる面倒が改善され、日常生活の利便性を飛躍的にあげてくれるディスポーザー。
行政には普及に向けた、いち早い対応を期待したいと思います。

タグ

2016年7月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

食器洗浄機について

こんにちは、札幌キッチンリフォームドットコム担当小林です。

近年は食器洗浄機の性能の向上あり、後付け工事をされるご家庭が増えて来ていますが、食器洗浄機について検討されているかたにお話したいおt思います。

食器洗い機は洗剤の混じった高温の洗浄水を噴射させて洗った後、高温乾燥を行う方式のものが多いので、油汚れに強く、スポンジが届きにくい細かい部分までキレイに洗えます。 

なので弱点は、強くこすらないと落ちない焦げ付き、茶渋、口紅など頑固にくっついた汚れはなかなか落ちないこと、またデリケートなクリスタルガラス、漆、銀、耐熱温度の低いプラスチック製品、金箔のついた食器などは破損したり、表面が変質する恐れがあります。 

食器洗い機を使う時の基本は、繊細で大切な食器は手洗いにすること。

これは普段着は洗濯機でガンガン洗い、オシャレ着や繊細な下着は手洗いするのと同じことです。

食器洗い機の使い方は洗濯機をイメージしてみるといいでしょう。    

食器洗い機には人数分の食器が入らない?

数多い食器  使っている食器の形は家庭によって様々。カタログに写っている以外の形のものもたくさんあるはず。

食器洗い機を使ってみての不便さの中に、思ったより食器が入らないというものがあります。 

食器洗い機は4人分と明記してあっても、それはカタログの写真のようにきれいに並べた場合のこと。 

実際の暮らしの中ではさまざまな形や大きさの食器を使いますし、なかなかカタログ写真のようにキレイには並べられないものです。 

並べ方のコツをつかめば結構入るものなのですが、まとめ洗いをしたい、お鍋も洗いたいなどの希望がある場合には、容量が大きめタイプを選んでおきましょう。

国産では45cm幅が主流ですが、海外製品には60cm幅のタイプが豊富にあります。    

今までの生活パターンと違うという慣れの問題 炊事風景  洗濯機や炊飯器を使った新しい暮らしにも、最初は慣れるまで、かなりの時間がかかったもの。

食器洗い機を使っていない理由で多いのが、無くても不便を感じない、下洗いが面倒というものです。 

初めて導入する新しい製品は、使い慣れれば便利なものも多いのですが、それを使った暮らしに慣れるまでには少し時間が掛かります。 

洗濯機や炊飯器を使った新しい暮らしにも、最初は慣れるまで、かなりの時間がかかったもの。

思い切ってチャレンジすることで、便利な暮らしへの可能性が広がります。 

下洗いに関しては、ご飯粒や頑固な汚れでも10分間水につけておくだけで下洗いの手間は半減します。    

食器洗い機の光熱費は?

シンク下に設置できるリフォーム用機種も充実 食器洗い機は、動いている時間が長いので光熱費が高くつくと言うイメージを持っている方も多いようです。

しかし手洗いとの比較では、手で流し洗いをするより食器洗い機を使ったほうが水道光熱費は安く済むと言うデータが出ています。 

最近はリフォーム用の食器洗い機が充実し、より手軽に取り入れやすくなっています。

キッチンを入れ替えなくても、キャビネットを外して取り付けられるのはもちろん、奥行きが浅いキッチン用やシンク下に設置できる機種もあり、工事は2〜3日くらいです。

ぜひご検討されてみてください。

タグ

2016年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

会社案内

会社案内

 

私たちの社訓「凡事徹底」

スクリーンショット(2013-06-17 18.57.10)

 

凡時徹底(ぼんじてってい)とは
「特別なことでなく、ごく平凡な当たり前のことを当たり前にできること、やり続けられること。
 その実践が、何よりもお客様に喜ばれるサービスを提供できる会社になるために必要なこと」
だと考えています。

 

必要以上に広告宣伝費と人件費をかけない会社です

わたしたち、家物語グループの強みは
元が「北海道広告社」という広告会社を親会社として創業したことにあります。

会社がお客様に価値や幸せを提供し、存続を続けるためには適正な利益を得る事が必要です。

会社の利益は、
1.お客様からいただいた売上から、
2.資材などの原価を引き、
3.職人さんを含めた社員の給与を引き、
4.事務所家賃や光熱費、車の維持費などを引き、
5.広告宣伝費を引いて
初めて、残るものです。

多くの会社は
「売上を上げるために多額の広告宣伝費」
「売上を上げるための営業マン」
「見栄えを良くするための、キレイな店舗や事務所」
に沢山予算を使います。

しかし、私たちは真逆です。
「親会社である広告会社のノウハウでコストのかからない広告宣伝費」
「売り込みをする必要がないので営業マンが居ない」
「広告社のオフィスの一部を拠点として利用しているので家賃もかからない」

という風に、「会社を維持するための費用が殆どかからない、少数精鋭のリフォーム会社」なのです。

 

当社には営業マンや営業部署はありません。その分、お客様に還元できるようになっています。

現在還元できている点は、弊社独自の家物語の長期物語保証パックとなります。

本来費用がかかる、販売元の追加延長費用、その他手続き代行を行う事によって、商品によっては他社の保証制度よりも倍以上も長い商品の故障保証とアフターサポートが可能となりました。

弊社の紹介するトイレの商品はお客様1人1人の利便性に合わせた機能性や快適さをに使用して頂きたいという思いとそれを永く愛せる商品を安心して使用できる為にという思いからこの独自保証が生まれました。

商品に関しても、本州の資材センターからまとめて仕入れているので、非常に安価に手配ができるようになりました。

ホームセンターで見る安いトイレが、実は外国で製造されていることをご存知でしょうか?
品質はそれなりに良いのですが、安価な分、不良率や耐用年数が短かったりします。

私はホームセンターで買った便座を取付たりもしますが、やはり1年以内に壊れる事が多いのが現状です。

海外で生産されている配線の基準とそれに使用されている金属の社は工事業者用に製造されている国産品を使用しています。
国産品ならではの品質、札幌の地元業者だからできる対応スピードを感じていただければ幸いです。

bana-2

タグ

2013年9月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ

  • 最近のお客様の悩み │ 札幌キッチンリフォーム.com