リフォーム前のチェックシート


事前にチェックして考えをまとめておくことで
施工箇所や傷み具合、希望する工事内容など伝えやすくなります。



□キッチンを広くしたい

□作業スペースが狭い

□収納スペースが少ない

□キッチン周りが片付かない

□調理や片付けがめんどう

□ガスコンロが古くなった

□コンロの火力が弱い

□コンロが掃除しにくい

□オール電化に変えたい

□システムキッチンに変えたい

□対面式キッチンに変えたい

□キッチンが暗いので明るくしたい

□キッチンが寒い

□高い所の物が出し入れしにくい

□調理台が高すぎる、または低すぎる

□水漏れがある

□異臭がする

□ひび割れたり欠けたりしている部分がある

□キャビネットの扉が壊れている

□キャビネットの内部が腐っている

□金具部分が錆びている

□給湯器の調子が悪い

□においがこもる

□換気扇が壊れている

□床の傷が気になる

□床のよごれがとれない

□壁や天井に傷や欠けがある

□壁や天井がひどく汚れている

□クロスがはがれている

□スイッチやコンセントに異常がある



















キッチンの選び方まとめ


システムキッチンワークトップ(天板)でのシンクの位置や大きさや、 どちらかに寄せる事によって調理スペースの巾も変わります。

調理スペースで、どのような作業や配膳を考えているかによって、使いやすさも変わりますのでチェックしてください。

L型システムキッチンの場合、調理スペース面積としては広く取れます。

しかしコーナー隅部は使い難く、物を置くスペースになりがちです。

調理スペースの目安としては、角から 60cm ぐらいの有効があれば 調理台に立って作業がしやすいです。

またキッチンのレイアウトを考える時、L型は特に食器戸棚や炊飯器やポット他の 台所器具の置場や配膳スペースとの、位置関係も一緒に考える必要があります。

L型システムキッチンの中には、L型の一部をスリム(w=450)にして配膳や調理補強スペースと して使えるように考えられたものもあります。

キッチンのレイアウトによっては有効に使えます。




































  • リフォーム前のチェック │ 札幌キッチンリフォーム.com